バイクの買取で問題になるのは、放置期間の長さと手入れの有無。手続きはシンプルで簡単です。

バイクを買取に出すときの手続きって面倒?ポイントは?

バイクの買取で問題になるのは、放置期間の長さと手入れの有無です。

手続きそのものはシンプルなので、早めに買取に出すことをおすすめします。

バイクを買取に出すときの手続きは面倒なのか簡単なのか、そんなことを考えていると、億劫になって倉庫の奥にしまい込んだままになってしまうことがあります。

青空駐輪場に放置していたら、サビや劣化・変質を早めてしまうことも。

できるだけ早く買取を済ませてしまいましょう。

手続きそのものは、ネットの買取査定サイトを利用して、「一括査定」を行なうことがスタートラインになります。

一括査定では「車種」、「年式」、「車体番号」、「走行距離」などの基本情報のほか、「ボディーカラー」、「改造の有無」、「事故歴」などのスペックもサイトによっては必要になります。

改造が行きすぎていたり不法改造がされていたりすると買取査定の額が下がるか、場合によっては買取してもらえないこともあります。

事前に安全基準を満たしたパーツが装着されているかもチェックしておきましょう。

買取の申し込みが終わったら、後は名義変更手続きを行って、現金を受け取るだけで手続きは終了です。

バイク買取の手続きは、それほど手間暇のかかるものではありません。

問題はバイクにキズやサビ、ブレーキやアクセルの不具合など、マイナス要素がどこまであるかです。

放置期間が長ければそれだけマイナス箇所も増えます。

高価買取をめざすなら、手入れや修復にどこまで時間をかけるしかありません。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS